スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一首を切り裂く(099:戻)

(西中眞二郎)
    久々に帰り来し娘(こ)が若き日に戻りて一人オルガンを弾く

 「オルガンを弾く」が宜しい。
 「弾く」のが「オルガン」であるから、「若き日に」を「稚き日に」としても面白いかとも思われますが、「稚き」を「わかき」と読ませるような小細工はしたくないのでしょう。
 それが節度というものでありましょうから。
     〔答〕 連休で帰省した子が大阪の土産だと言い<たこ焼き>呉れた  鳥羽省三


(梅田啓子)
    棕櫚の木を凌霄花の登りゆく戻れぬことを知るよしもなく

 いがいがの「棕櫚の木を凌霄花の登りゆく」風景は、何かの諭しかとも思われます。
 「蟷螂の斧」ともう一つ、<無謀な試み・はかない抵抗>を意味する格言が在りましたが、そちらの方は、差別語を含んでいるので死語扱いとなっています。
     〔答〕 冬富士に挑める右京とその徒党帰れぬことは知るよしもなく  鳥羽省三
 あれもまた、チーム全体の能力を考えれば、<無謀な試み>であった、としか言えませんね。
 

(じゅじゅ。)
    沈丁花香る一条戻り橋 夕陽とともにあなたを待って

 わたしは「あなたを待って」いるのだが、「夕陽」は何を待っているのでしょうか?
   ① わたしと「ともにあなたを待って」いる?
   ② 自らが落ちて行くのを待っている?
 
 「②」の場合は、文脈の上では、落ちて行くのは「夕陽」だけであるが、現実には、<わたし>もまた、「夕陽とともに」堕ちて行くことになるかも知れません。
 「沈丁花」という花の名も、「一条戻り橋」という橋の名も、何か不吉で暗示的です。
     〔答〕 行くもならぬもどるもならぬ戻り橋去るもさらぬも地獄直行  鳥羽省三
 

(minto)
    連休に戻れることを楽しみに励みゐるらむひとり居の子は

 それが<親心>というものでありましょうが、「親のこころ子知らず」という諺もありますから。
     〔答〕 連休に戻ると言ひし一人児に逢って<みんと>ぞ出迎へにけり  鳥羽省三


(佐藤羽美)
    細長いため息をつき拝み屋は本の綴じ目に戻っていった

 本作については、作者の佐藤羽美さんが、自らのブログに、次のようなコメントを寄せて居られました。
 よって、それを引用して、観賞文に替えさせていただきます。
 
 「099:戻」の歌は、京極夏彦著の小説『百鬼夜行(京極堂)シリーズ』の主役と言っていい、京極堂こと中禅寺秋彦をイメージして詠みました。
 この人と一緒に暮らすってどういう感じですか、千鶴子さん。
 と私は尋ねたいです。
 すんごい神経質で皮肉を言われそうだけど、しかったら優しかったで、ちょっといやかもしれない。

 羽美さんの解説文中の「すんごい神経質で」が、とても印象的でした。
     〔答〕 京極堂・中禅寺明彦すんごくて本の綴じ目に戻してやった  鳥羽省三 


(流水)
    終バスの灯が暗闇に溶けてゆく戻らぬものは優しく残る

 この一首を読んで、「溶暗」という舞台用語を思い出しました。
 「溶暗」とは、照明などが次第に「暗闇に溶けてゆく」ことを指す言葉でありましょう。 
 そう、「暗闇に溶けて」行って、永久に「戻らぬ」灯の記憶は「優しく残る」ものです。
     〔答〕 「戻らぬ」の一言だけを書き置きて消えにし兄の記憶が優し  鳥羽省三
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございます

撰歌ありがとうございます。

行き先が赤い終バスの灯を見ると繰り返す日常の中で戻らぬものがあることを教えてくれるような気がします。

人生という舞台も、「溶暗」の如くいつか消えてゆくのでしょうね。

しみじみとしたコメントありがとうございました。

こんにちは

気づきませんでしたのでコメント遅くなりました。
歌を取上げてくださりありがとうございます。
100首鑑賞おつかれさまでした。
今年もどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

鳥羽省三

Author:鳥羽省三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。