スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一首を切り裂く(082:源)

(はこべ)
    源氏香つどいて囲む香之図をみつけてうれしきょうの香席

 「源氏香つどいて囲む香之図」は、「香席」当日の床の間を飾った軸絵でありましょうか?
     〔答〕 正客の聞くはまさしく蘭麝待殿上香席いましたけなは  鳥羽省三


(五十嵐きよみ)
    もう夏も終わりというのに砂浜を震源として広まるうわさ

 「 もう夏も終わりというのに」とあるから、「震源」となった「砂浜」には、ちらほらとしか人は居ない。
 それなのに、その「砂浜」から広まった夏の日の「うわさ」は、今やもう日本中に、いや、世界中に広まってしまった。
 「あのねー、<鳩ぽっぽ>とこの奥様の美紀さんは、もとヅカガールなんて格好のいいこと仰ってるけど、ほんとは、浅草で特出しやってらしたんですって。それを拾って来て、自分の女にしたのは、今の都知事の石田の慎ちゃんなのよ。でも、美紀さんのご性格が、今も昔も変わらずあの通りなもんだから、慎ちゃんはすっかり持て余しちゃって、弟さんの裕ちゃんに押しつけちゃったんですって。ところが裕ちゃんも持て余しちゃって、従兄弟の阿部の晋ちゃんに押し付けちゃったんですって。阿部の晋ちゃんも晋ちゃんで持て余しちゃって、更に福山のぼんぼんに押し付けたんですって。福山のぼんぼんもまた、麻薬取締官の息子の鉄砲撃ちに押し付けたんですって。鉄砲撃ちは漢字も空気も読めないけど、性格はまあまあだから、誰にも押し付けたりはしなかったけど、今度は美紀さんの方が退屈になって、アメリカのオクラホマに逃げちゃったのよ。鳩ぽっぽと美紀さんが知り合ったのは、オクラホマの砂漠のど真ん中でなのよ。蠍だらけの砂漠のど真ん中で出会えば、どんな女だって優しく美しく見えるよねー」とか何とかの噂が。
     〔答〕 門松がそろそろ取れる頃なのに阿呆くさいこと書いてばっかり  鳥羽省三


(ほたる)
    泣き声の音源オフにできるのは頭を撫でる厚いテノヒラ

 <掌>を<てのひら>と書くと、厚さはともかく柔らかさが目立って、やさしそうな男性のそれを連想させるが、「テノヒラ」と書いてしまうと、薄くて冷たくて骨ばった感じで、いくら頭を撫でられても「泣き声の音源」が「オフ」になりそうもない。
     〔答〕 ほたるさんのお尻に灯りを点すのは草食系の柔き<てのひら>  鳥羽省三


(斗南まこと)
    どうしても決められなくて初夏の源平ウツギは風に揺られる

 その「源平ウツギ」は、あの筒井順慶が日和見した<洞ヶ峠>か、小早川秀秋が布陣した<松尾山>に咲いているのであろう。
     〔答〕 風吹けば風になびいて咲くウツギ今日は源氏で明日は平家か  鳥羽省三 


(蓮野 唯)
    源を目指して上る鮭たちの「早く!早く!」と立てる水音

 蓮野さんはまたもや「早く!早く!」ですか。
 いくら笑わせ上戸の鳥羽とて、もう<候文>は御免です。
 そこで、文語体で。
     〔答〕 産み場所を求めて遡(のぼ)る鮭たちの「早く!早く!」と立つる水音  鳥羽省三


(磯野カヅオ)
    通説に背けば薪を焚くごとく眠れぬ夜の源となり

 磯野カヅオ短歌ですから、何か有りそうですが、その<何か>が判りません。
     〔答〕 通説に沿へば頗る温かく生木に煙る炉端の如し  鳥羽省三


(emi)
    源流を下るカヤック見とどけてブナの森にて深呼吸する

 作中の<わたし>は、白人の侵略者たちの魔の手から我が一統を無事逃がしてやったカナダ原住民の酋長でしょうか。
     〔答〕 風上に香る硝煙確かめて我が一統をカヤックに載す  鳥羽省三
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

鑑賞していただけて光栄です。
「香席」はお香を聞く(当てる)ことを楽しむ香道です。
源氏香之図を囲んで、自分が聞いた香り(源氏物語の巻)を、香之図から探していたときのことを詠みました。
源氏香之図を実体験していただきたくて、源氏の会の人々とたのしみました。
プロフィール

鳥羽省三

Author:鳥羽省三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。