スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一首を切り裂く(057:縁)

(髭彦)
    見沼なる代用水の西縁にキツネノカミソリ群れ咲く夏よ

 この一首、私への激励のお言葉として頂戴いたしました。
 真に有り難く御礼申し上げます。
 「キツネノカミソリ」は彼岸花に似た朱色の花であるが、彼岸花に先駆けて真夏に咲く。
 その花の咲く夏を前にして私は病み、生死の境を彷徨った挙句やっと生還しました。
     〔答〕 見沼なる代用水の西縁に鎮座まします女體神社よ  鳥羽省三


(五十嵐きよみ)
    ハンカチの白いレースの縁取りに似た美辞麗句ばかり言う人

 作者は、「ハンカチの白いレースの縁取り」の実用的価値を認めないのか?
 もしそうならば、その実用的価値の無い「ハンカチの白いレースの縁取りに似た美辞麗句ばかり言う人」とは、否定的人物ということになる。
 その否定的人物はどなたのことでありましょうか。
 この一首を、「美辞麗句ばかり」を並べ立てて称揚するのは簡単であるが、無名の私が、有名な五十嵐きよみさんの御作を褒め称えても、実用的価値は勿論、「ハンカチの白いレースの縁取り」ほどの装飾的価値も無いことでありましょう。
     〔答〕 横縞のタフタの織りのブラウスは肥満いや増す縦縞を召せ  鳥羽省三 


(青野ことり)
    初めての浴衣の帯が気になって それだけだった縁日の夜

 「八百万の神」という言葉が示す通り、この我が国には数え切れない程の神様がいらっしゃいます。
 神様の数がそれほどならば、縁日の数もそれほど。
 そのうちに、「それだけ」では済まない「縁日の夜」が到来しますよ。
 ご安心かつご注意を。
     〔答〕 君の着る浴衣の帯を解く時はたったそれだけそれだけでもう  鳥羽省三 


(ちょろ玉)
    3年間同じクラスで1回も話してないって縁だと思う

 それも確かに、何かの縁ではありましょう。
 しかし、そのままでは無縁という名の縁に終わってしまいますから、この際は覚悟を決めて当たりましょう。
     〔答〕 無遠慮も遠慮も何かの縁なればこの際遠慮無くして当たれ


(今泉洋子)
    獄窓を額縁として郷さんの見る空の絵に秋はいたるか

 「獄窓を額縁として」という発想は秀逸。
 しかし、「獄窓を額縁」として描いたら、ほとんどの景色が名画になってしまう恐れがありますから、私は郷隼人さんの作品を、あまり高く評価する気にはなりません。
 例えば、去る十月二十六日掲載の、

   獄中死遂げたる者が二人共我と同居をしたことがあった (佐佐木幸綱・馬場あき子選)
   夏時間おわり標準時となりぬただそれだけのこと秋は来にけり (永田和宏選)

 それぞれ、なかなかの出来栄えとは思われますが、これらの作品から、「郷隼人」という作者名と「獄窓」という「額縁」とを外してみたらいかなることになりましょうか。
     〔答〕 島秋人・坂口弘・郷隼人 朝日歌壇を飾りし綺羅星  鳥羽省三 


(佐山みはる)
    縁踏まぬ礼儀作法を教へるにぎこちなきわが歩みとなれり

 本作の作者<佐山みはる>氏のご職業は、小笠原流の礼法指南の先生ででもあられましょうか?
 「畳の縁と親父の剥げ頭は踏んではならぬ」とは、俗説にも言いますが、何か根拠の在ることでしょうか?
     〔答〕 ASIMOとふロボットにも似て花嫁の畳の縁を踏まぬ歩みよ  鳥羽省三


(田中彼方)
    縁起物ばかりあつかう雑貨屋の閉店セールに行ってみようか?

 「黒字倒産」ということだってありますからね。
     〔答〕 縁起物ばかり扱う人形屋かつては全国何処にも在りき  鳥羽省三 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございます

  鳥羽省三様

 いつも、採りあげていただきありがとうございます。

 鳥羽さんのご指摘のように、「郷隼人」「獄窓」「額縁」をはずしてみたら、、、。やはり特殊な固有名詞にたよりすぎていました。素直に反省いたします。
 実は、郷さんの短歌などを支援しているHPがありまして、それで
郷さんと、朝日歌壇の短歌のことなどをhpを通じて交流しています。年に一度くらいは手紙も交換しています。その挨拶の歌として作りました。鳥羽さんの仰る事は的を得ています。
島秋人や坂口弘は毎日か読売とばかり思っていました。
いつも、色々お教えいただきありがとうございます。
歌の切り裂きいつも感謝もうしあげます。
冷え込んできましたので、鳥羽さまくれぐれもご自愛くださいませ。

Re: ありがとうございます

今泉 様
 
 拙文のご愛顧を賜わり、真に有難く御礼申し上げます。
 郷隼人氏の作品については、作者と今泉様との浅からぬ関わりをも存じ上げず、ついあのような失礼なことを書いてしまいました。
 その段、深くお詫び申し上げます。
 それともう一点。
 私からの返歌、「島秋人・坂口弘・郷隼人 朝日歌壇を飾りし綺羅星」は、今泉様のご指摘に基づいて、「島秋人・坂口弘・郷隼人 新聞歌壇を飾りし綺羅星」と訂正させて頂きます。 島秋人氏の作品が発表されたのは、朝日歌壇ではなく、毎日歌壇の窪田空穂選だったからです。
 「一首を切り裂く」は、やっと中間点を回ったところですが、可能ならば、年内に「けり」を着けたいと思っております。
 出来るだけ多くの人の作品を採り上げたいと思ってはいるのですが、個々の作品の出来不出来に加え、私の短歌観もありますので、どうしても「切り裂き」の対象にされる作家は限定されてしまいます。
 今泉様の作品は、これからも度々採り上げ、その都度、失礼なことを申し上げるかとは存じますが、枉げてお許し下さい。
     〔答〕 獄窓に届け松井のホームラン   省三

拝復

 鳥羽省三さま
拝復
 いえいえ、歌は投稿したら作者を離れ作品となりますので、どう解釈されても「将に俎の上の鯉」だと思います。それを気にしていたら投稿などできません。自解などするのも邪道で野暮なことだと思うのですが、、ついついやってしまいます。だから、鳥羽さまは、けっして悪くありません。むしろはっきりおっしゃっていただくほうが有り難いです。。郷さんも独りで学ばれているので、感想を書くと喜ばれます。鳥羽さまの朝日歌壇の鑑賞の方も郷さんの作品で、何か感じられた事などがありましたら、ブログに採りあげて頂くと、それを私が手紙などで伝えますので宜しくお願い致します。
 結社の歌会にもろくろく参加していませんので、いながらにしてこんなにも的確な評をいただき、心から感謝しています。今後とも宜しくお願い申しあげます。
素敵な返歌いや返句まで有り難うございました。

ありがとうございます

こんばんは。僕の短歌を取り上げてくださって、そして素敵な返歌までくださって、とても嬉しかったです。
短歌を通して、すごく勇気づけていただけた気分になりました☆
また、「無縁という名の縁」にも、なるほど、僕にはなかった視点で、思わず面白くなりました。
もし5年前に戻れたら、覚悟を決めて当たりたいと思います。笑
プロフィール

鳥羽省三

Author:鳥羽省三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。