スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の朝日歌壇から

○  三角のニ辺を通るほかはなき京の真中のまたしぐれけり    (神奈川県) 中島さやか

 上の句の「三角のニ辺を通るほかはなき」は、京都という街の特徴を表わしているものであろうが、下の句中の「またしぐれけり」も亦、この季節の京都の気候の特徴を表わしているものであろう。
 決して見逃してはならない。 
     〔答〕 神奈川の師走のそれに較らぶれば京の師走の時雨の多き  鳥羽省三


○  土曜日はサンダルの底ひきずりて時速2キロでゴミ出しに行く  (川崎市) 川島隆則

 「サンダルの底ひきずりて時速2キロで」は、「ゴミ出し」という仕事に対する気持ちの在り方を示しているのでありましょう。
 でも、「ゴミ出し」は、昨今、最も注目を浴び、拍手喝采をされている仕事、即ち「事業仕分け」の一種でもありましょう。
 恥じるに足らず。
 臆するに足らず。
 歩武堂々と進め。
     〔答〕 隔日に足音軽くゴミ出しに行くのが僕の決まった仕事  鳥羽省三

 
○  満月に投網を掛けるごとくにも寄せては返す椋鳥の群れ    (南アルプス市) 中島利夫

 「満月に投網を掛けるごとく」とは卓越した直喩。
 「寄せては返す椋鳥の群れ」は写生として素晴らしい。
     〔答〕 ステージを紗幕で閉づる如くにて刹那に曇る湖の景  鳥羽省三


○  霜月の湾の日暮れのはやきこと声掛け合いて釣竿納む     (舞鶴市) 吉富憲治

 私の記憶では、本作の作者・吉富憲治氏は、つい先ごろまで米国に滞在していて、彼の地から朝日歌壇に傑作を寄せられていた。
 その吉冨憲治氏の傑作を、舞鶴市在住者の作品として読ませていただいていることの不思議さ。
 「声掛け合いて」が一首の効き目。
 この「声掛け合いて」は、釣り師たちの礼儀でもあろうが、自分が釣竿を納めた直後に、未だ竿を納めていない者の釣竿に大物がかかって、釣竿を納めてしまった者が悔しがった、というのはよく聴く話。
 その「よく聴く話」を未然に防ぐため、釣り師たちは、「そろそろ竿納めと行きませんか」などと、お互いに声を掛け合うのだそうだ。
     〔答〕 霜月の舞鶴湾の寒きこと五枚重ねで朝釣りに行く  鳥羽省三


○  鍵せざる家にして日々闖入者 滑子・大根・葱・ブロッコリー  (佐渡市) 小林俊之

 本作の作者は、「鍵せざる家に」「日々」、「滑子・大根・葱・ブロッコリー」などの「闖入者」が現れることを、嬉しいこと、田舎暮らしの素晴らしさ、と捉えて一首を成しているのであろう。
 だが、それを、ある日突然、煩わしいこととして捉えなければならないことにもなるから、田舎暮らしは、時に素晴らしく、時にままならぬものである。
 「闖入者」に、作者のユーモア精神が感じられ、「滑子・大根・葱」と漢字ばかりを並べた後の「ブロッコリー」というカタカナが効いている。
     〔答〕 鎖さざれば犬・猫・鼬、時として獅子舞なども入り来る我が家  鳥羽省三  


○  雨降ればハロワへ行けぬ寝転びてひとりながめる小津安二郎   (福岡市) 人捨 無

 職業安定所が<ハローワーク>という呼び名に変わったことを、つい最近、知ったばかりの私ですから、その「ハローワーク」を「ハロワ」という略称で呼ぶ歌人の登場には吃驚しました。
 「人捨無」という作者名にも驚嘆。
 公田耕一氏の再来かも知れない。
     〔答〕 無為徒食ごろり寝転びビデオ見る毎日日曜気ままな暮らし  鳥羽省三 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鳥羽省三

Author:鳥羽省三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。