スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一首を切り裂く(028:透明)

(jonny)
   見せたくて見せたくなくて見せたくて半透明のビニール袋

 「半透明のビニール袋」には、複雑な性格が備わっている。
 例えば、何か袋に入れて家庭ごみをごみ集積場に出す場合、中に入っている物が役所の指示通りに分別した物だからという意味では「見せたく」もなるが、それは、言わば、自分の家の恥部を曝け出すことにもなるのだから「見せたくなく」もなる。そうした矛盾した願望を一挙に解決してくれるのが、「半透明のビニール袋」なのである。
 また、ビニール袋に商品を入れて陳列棚に並べる場合、経営者としては、さまざまの意味合いから、その中身を「見せたく」もなるが、「見せたくなく」もなるし、また「見せたく」もなる。そうした経営者の複雑怪奇な願望を叶えてくれるのも、そのビニール袋が半透明なものであればこそである。
 「半透明のビニール袋」の持つ、そうした性格にいちはやく気が付き、それを一首に仕立てた<jonny>さんの頭脳の冴えはなかなかのものであり、この作品を、あの奥村晃作氏に示したら、奥村氏は、この作品こそ、氏ご自身の開拓された「なるほど(納得)短歌」の大傑作として絶賛され、本作の作者<jonny>は、老い先短い奥村晃作氏の後継者として、短歌界に君臨するのも夢ではないであろう。
 「題詠2009」の投稿レースも四半分を過ぎ、スタート時は元気満々だった参加者のほとんどは、今や腑抜けの如き作品を投稿して、喘ぎ喘ぎ走っているのが実情である。
 そうした中に在って、鬼才<jonny>さんのこの傑作は、燦然と輝いている。
 私は、この人の作品を、スタート当初から、何か見所、見せ所の在る作品として注目して来た。
 そうした次第で、私は、一昔前に、銀だ銅だ灰色だと色々な話題を提供してマスコミから再三注目されたが、それでも足りずに、今も時々マスコミに顔を覗かせている、あのスポーツ選手のように、「自分で自分を誉めて上げたい」ような気分である。と冗談を言えるのも、<jonny>さんのこの傑作に出会えた御蔭。
  <jonny>さんよ、有難うお元気で。
 最後はスーパー・イオンのレジ嬢の如き口上となりました。
    〔答〕 見せたくて見せたくなくて見せたくて胸の谷間の見えるブラウス
 《陰の声》 <jonny>さんと鳥羽さんにひと言。
 「半透明のビニール袋」と言ってますけど、もしかして、それは、「半透明のポリ袋」のことではないですか。もし、そうだとすると、知ったかぶりの鳥羽さんも見逃したわけね。
    〔答〕 世間には、未だにあれを「ナイロンの袋」だなどと言う人もいる。
    〔答の答〕 だからとて、見逃すわけにいきません。 ミスは素直に認めなさいよ。


(西中眞二郎)
   あれもしたいこれもやりたいことばかり 透明人間になれるものなら

 観賞対象歌払底の折、百十数首の中から選んだ秀歌五首中の一首であるから、四の五の言わずに賞賛の言辞を並べ立てれば宜しいのであろうが、いくら何でも、それでは作者に失礼というものであろう。
 そこで、作者から叱られるのを承知で、本作に対して抱いている私の不満点を申し述べよう。
 初句に「あれもしたい」とあり、二句目に「これもやりたい」とある。
 「あれ」と「これ」との対比に問題は無く、初句の「したい」を、二句目で「やりたい」と言い換えるのにも格別問題は無いのであろうが、これら四つの語句が、このままの位置に置かれていては、五音・七音の音数合わせの苦しい表現と見られはしないだろうか。
 そこで、私なら、これらの配置を替えて、「あれもこれもしたいやりたいことばかり 透明人間になれるものなら」とするが、作者の西中眞二郎さんは、いかがお思いでありましょうか。
 それはそれとして、私・鳥羽省三ならともかく、西中眞二郎さんともあろうお方が、「あれもしたいこれもやりたいことばかり」「透明人間になれるものなら」と、言挙げなさったのには吃驚。
 人間、一人一人性格や業績は異なるものの、ガキの頃から悪戯根性を失ってはいないものだと知る。
    〔答〕 生還が出来るものなら地獄にも行ってみたいな罪咎無くて


(小早川忠義)
   透明の糸を繰りつつつぎはぎの服をまとふが天衣無縫ぞ

 と、いうことになりますると、「無縫」と称する「天衣」もまた、「縫製品」ということになりましょうか。糸は透明であっても。
 それは冗談として、本作は、作者・小早川忠義さんの面目躍如たる傑作である。小生も、小早川さんに見習って、
    〔答〕 雲間からオペラグラスで濯ぎ女(め)の尻覗くのが仙人である
 小早川忠義さんと比較すると、私の方が、格段に俗塵塗れの俗人に見えて恥かしい。


(髭彦)
   行く末の不透明なる時代にぞ吾ら去りゆき子らは生き行く

 教職歴四十年余の髭彦さんにして、この弁有り。
 「座間を見ろ。ケッケッケッ」といったご心境でしょうか?
    〔答〕 座間市には未だ米軍キャンプ在り核弾頭のミサイル飛ばむ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

恐縮です。

さらに精進させていただき
ただごと歌の道を歩いていきたいと思います。
いや、ただごと歌の道「も」歩いていきたい、かな。。。
プロフィール

鳥羽省三

Author:鳥羽省三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。