スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書を伏せて

書を伏せて朱の魚卵を食める夜半秘儀めくに冬の灯を暗くせり     冨小路禎子『柘榴の宿』より
 
 独り暮らしだから食事時も一定ではなく、お腹の空き具合や何かの都合によっては、三度のものが二度になったり、夕食を真夜中に食べたりすることにもなる。
 今夜の食事も、読書に熱中するあまり夜半に摂るはめとなった。
 私は書を伏せ、からだを徐ろに食卓に移す。食卓の上に在るものは、箸一膳と真っ白なご飯を盛った茶碗一個と、それに、朱いイクラを数粒載せた小皿一枚。
 小皿の上のイクラは、今夜は何故か輝いて見える。冬の夜半の食卓で、イクラたちが朱々と輝いている。
 イクラと言えば、このイクラの一粒一粒は、鮭という命あるもののお腹に宿り、それ自身も亦、それぞれ、鮭の稚魚という一個の生命体に生まれ変わる可能性を宿していたのだ。
 私はかつて、「処女にて身に深く持つ浄き卵秋の日吾の心熱くす」と詠み、「女にて生まざることも罪の如し秘かにものの種乾く季」とも詠んだ。
 そんな私が、かつては爛々と命の炎を燃やしていたはずのイクラを食べようとしているのだ。朱々と輝いているイクラを食べようとしているのだ。いや、その様は、食べようとしていると言うよりも、喰らおうとしていると言った方がいい。
 そんなせいかどうかは知らないが、今夜の食事は、何か秘密の儀式めいて来た。私は、この秘密の儀式を司る魔女だろうか。きっとそうに違いない。
 そう思った私は、身を立ち上げ、部屋の電灯を暗くした。魔女の司る秘密の儀式には、明る過ぎる冬の夜は似合わないから。明る過ぎる部屋では、イクラを食らうことが出来ないから。

 生まるべき稚魚のいくつをかなしめば眼ふとつむりイクラを噛みき        『未明のしらべ』より


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

鳥羽省三

Author:鳥羽省三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。