スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末裔

五人扶持薩摩藩士の末裔の105円傘の雫切る所作      省三
 
 格別な親友といった間柄ではないが、教員時代の同僚に薩摩藩士の末裔を自称する男が居た。嘘か本当かは知らないが、本人が言うには、「五代前の先祖は示現流の達人で、島津の分家の一つのなんとか島津家の総領に剣術を教えていた」ということであった。
 ある時、何かの用事で、この男を含めた数人で外出したことがあったが、その途中で激しい雨が降って来た。その日は、多分早朝から怪しいお天気具合だったと思われ、彼以外の者は傘の用意をしていたが、万事につけて用意周到を心掛けるべき武士の末裔らしくもなく、彼だけが傘の用意を忘れ、当初は誰かと相合傘をしていたのだが、やがて、あまりの降りように耐え切れなかったのか、通りすがりのとある店に飛び込み、透明ビニール製の100円傘~その傘の値段は、正確に言えば消費税も入れて105円だったろう~を買ってきた。
 そうそう、この記事を書きながら、たった今思い出したが、その日の私たちの目的は横浜美術館に行って印象派絵画展を観ることであった。
 つい先ほどまであれほど激しく降っていた雨も、美術館に行き着く頃にはすっかり上がっていた。だが、美術館の入り口にはポリエチレン製の傘入れが用意されていたので、私たちはめいめい自分の傘をその袋に入れて展示スペースに行こうとした。
 その時、仲間の一人が、「ちょっと待って。まだ○○(例の末裔氏の姓)が来てないぞ。一体どうしたんだろう。俺、行ってちょっと見てくるから、みんな待ってて」と言い、一人で入り口のところまで引き返そうとした。そこで、私たちもぞろぞろと彼の後をついて行った。
 案の定、末裔氏は未だ入り口の手前に居た。馬手に傘、弓手にポリエチレンの傘入れを持って。そして、私たち全員の視線が彼の手元に集中していることも知らぬげに、まるで赤胴鈴之助が、あの真空斬りをやらかす時のような鋭い眼光と真剣な仕草で、右手に持った105傘を、気合もろとも二回、三回と振り回すのだ。
 その時、誰かが声を上げた。「さすが薩摩示現流! ビニール傘の雫を先祖伝来の剣術の極意と気合で振り払おうとしているのか?」と。声を上げた誰かとは、或は私であったかも知れない。
スポンサーサイト

焼き鳥

老いぬれば朽木の洞に身を投げて命絶つとふ雀かなしも    省三

 終戦のどさくさの最中に小学校に入った私の夢のひとつに<焼き鳥をたらふく食う>ということがあった。
 都会とは幾分事情が異なるが、北国の田舎町の住人である私たちは、年から年中お腹を空かしていて、その頃、町のあちこちに出来初めた一杯飲み屋の賑わいと、そのつまみの焼き鳥は、欠食児童の一人であった私の憧れであった。
 本当かどうかは知らないが、私の周囲の大人たちの話では、その焼き鳥の原料は、お寺や鎮守の杜などの老木に巣篭もっている雀だ、ということであった。また、私の遊び仲間の一人の某君の兄さんが毎日空気銃を持って何処かに出掛けて行くのは、その焼き鳥の原料となる雀を狩るためで、彼は、自分が採って来た雀を飲み屋に卸した稼ぎで、十人近い家族の生活を支えているのだ、という噂もあった。
 年月が経って、あの頃よりはかなり大きくなった私の口にも焼き鳥と名づけられたものが入るようになった。その頃、いっぱしの給料取りとなった兄が、仕事帰りのお土産として、その頃、町のあちこちに目立ち始めた惣菜屋から、経木に包んだ焼き鳥を買い求めて帰宅するようになったからだ。
 でも、なんか違うのだ、今、私が口にしている焼き鳥は、その味も香も、あの頃、私が憧れた<焼き鳥>とは、なんか違うのだ。
 ある日その疑問を、成人に達して、たまには飲み屋にも行くようになっていた兄に率直にぶっつけてみた。
 兄曰く、「それはそうだよ。この頃、町の総菜屋で売っている焼き鳥は、本物の焼き鳥ではないからさ。本物の焼き鳥は雀の肉を焼いたもので、私が総菜屋で買ってくる焼き鳥は、鶏の肉や内臓を焼いたものだから」と。
 今になって思えば、あの時の兄のお話も、本当は真実ではないのだろう。
 雀と言えば、子供の頃に抱いた疑問の一つに、「雀の死に場所は何処だろうか?」というのがあった。
 日中は稲の穂にむれたり、電線に数珠繋ぎになって留まっていたりして、夕暮れになると、お寺の境内や鎮守の杜の老木に帰って来て、ちゅんちゅんじゅくじゅく一晩中鳴き止まず、私の町の人口の何百倍もいるはずの雀たちだが、その亡骸らしいものは絶えて見たことが無かったからだ。
 そこである日、この疑問を父に質してみた。すると父曰く、「雀たちの墓場は、奥山にある老木や朽木に空いている洞の中だ。こんなことを俺がなぜ覚えているかと言うと、俺がまだガキの頃、村の山にそれはそれは大きな橡の木があった。ところが、ある年の秋の台風で、その橡の木が真中から折れてしまい、それまで見えなかった巨大な洞が顔を出したのだ。そこで、俺たち悪ガキどもは、早速家から梯子を持って来て折れた木に登り、その洞を覗いてみた。すると、その洞の中には、雀の死体が何百何千と詰まっていて、獣の腐った匂いをあたり一面に撒き散らしていたのだ」と。
 明治半ば生まれの父は、私たち子供を喜ばせるために、よく現実にはあり得ないようなほら話をすることがあったから、今となっては、この話の真偽も判らない。でも、その頃の私にとって、年老いて餌を採ることも飛ぶことも出来なくなった雀たちが、己の亡骸を巨木の洞の中に隠して、天敵から守ろうとしたことが、とても哀れに思えてならなかったのである。

ドレス着て

   ドレス着て犬がおめかしせぬ代りをんな着膨れ冬のさいたま     省三    

 東京都の南側の隣県から北側の隣県の街に転居して間もない私は、この冬、現住地の愛犬家たちが、元の居住地の愛犬家たちとは異なって、冬になっても、ご自分の愛するお犬様たちに防寒用の衣裳を着せる様子が無いことに気づいて少し驚いた。そのことの是非は別のこととしての話である。
 昼前とは違って、少なからず風が吹き出して来たある午後、見沼代用水東縁のサイクリングロードに到る遊歩道を散歩中に、連れ立っていた家内にそのことを話したところ、常日頃は他人の悪口や辛口批評を嫌悪している家内が、その宗旨に変化を来たしたのか、「それもそうだが、その代り人間が、特に女性の厚着が目立つようだね」と仰せになられたのには、これまた吃驚。
 なるほど、なるほど。今日の散歩の途中、私達は、少なくとも十人以上の愛犬連れの女性に出会ったが、そのいずれもが、分厚いコートかジャケット風の衣装に身を固めていたし、それとは逆に、彼女らに牽かれた(或は、彼女らを牽いた)お犬様たちは、例外無しに、生まれたままのヌードスタイルであった。
 同じ東京隣県ながら北と南の違いのある、元の居住県の街の人々が、愛犬たちに防寒用の衣装を着せ始めたのはいつの頃からだろうか。今では寒さ避けというのを通り越して、それぞれ鹿鳴館の舞踏会に着て行く華麗なドレスのような衣装を着せ、これ見よがしに裸木並木の冬の歩道を闊歩しているのである。

   ドレス着て犬が舗道を闊歩する街の何処(いずこ)に吹く不況風
プロフィール

鳥羽省三

Author:鳥羽省三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。