スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末裔

五人扶持薩摩藩士の末裔の105円傘の雫切る所作      省三
 
 格別な親友といった間柄ではないが、教員時代の同僚に薩摩藩士の末裔を自称する男が居た。嘘か本当かは知らないが、本人が言うには、「五代前の先祖は示現流の達人で、島津の分家の一つのなんとか島津家の総領に剣術を教えていた」ということであった。
 ある時、何かの用事で、この男を含めた数人で外出したことがあったが、その途中で激しい雨が降って来た。その日は、多分早朝から怪しいお天気具合だったと思われ、彼以外の者は傘の用意をしていたが、万事につけて用意周到を心掛けるべき武士の末裔らしくもなく、彼だけが傘の用意を忘れ、当初は誰かと相合傘をしていたのだが、やがて、あまりの降りように耐え切れなかったのか、通りすがりのとある店に飛び込み、透明ビニール製の100円傘~その傘の値段は、正確に言えば消費税も入れて105円だったろう~を買ってきた。
 そうそう、この記事を書きながら、たった今思い出したが、その日の私たちの目的は横浜美術館に行って印象派絵画展を観ることであった。
 つい先ほどまであれほど激しく降っていた雨も、美術館に行き着く頃にはすっかり上がっていた。だが、美術館の入り口にはポリエチレン製の傘入れが用意されていたので、私たちはめいめい自分の傘をその袋に入れて展示スペースに行こうとした。
 その時、仲間の一人が、「ちょっと待って。まだ○○(例の末裔氏の姓)が来てないぞ。一体どうしたんだろう。俺、行ってちょっと見てくるから、みんな待ってて」と言い、一人で入り口のところまで引き返そうとした。そこで、私たちもぞろぞろと彼の後をついて行った。
 案の定、末裔氏は未だ入り口の手前に居た。馬手に傘、弓手にポリエチレンの傘入れを持って。そして、私たち全員の視線が彼の手元に集中していることも知らぬげに、まるで赤胴鈴之助が、あの真空斬りをやらかす時のような鋭い眼光と真剣な仕草で、右手に持った105傘を、気合もろとも二回、三回と振り回すのだ。
 その時、誰かが声を上げた。「さすが薩摩示現流! ビニール傘の雫を先祖伝来の剣術の極意と気合で振り払おうとしているのか?」と。声を上げた誰かとは、或は私であったかも知れない。
スポンサーサイト

焼き鳥

老いぬれば朽木の洞に身を投げて命絶つとふ雀かなしも    省三

 終戦のどさくさの最中に小学校に入った私の夢のひとつに<焼き鳥をたらふく食う>ということがあった。
 都会とは幾分事情が異なるが、北国の田舎町の住人である私たちは、年から年中お腹を空かしていて、その頃、町のあちこちに出来初めた一杯飲み屋の賑わいと、そのつまみの焼き鳥は、欠食児童の一人であった私の憧れであった。
 本当かどうかは知らないが、私の周囲の大人たちの話では、その焼き鳥の原料は、お寺や鎮守の杜などの老木に巣篭もっている雀だ、ということであった。また、私の遊び仲間の一人の某君の兄さんが毎日空気銃を持って何処かに出掛けて行くのは、その焼き鳥の原料となる雀を狩るためで、彼は、自分が採って来た雀を飲み屋に卸した稼ぎで、十人近い家族の生活を支えているのだ、という噂もあった。
 年月が経って、あの頃よりはかなり大きくなった私の口にも焼き鳥と名づけられたものが入るようになった。その頃、いっぱしの給料取りとなった兄が、仕事帰りのお土産として、その頃、町のあちこちに目立ち始めた惣菜屋から、経木に包んだ焼き鳥を買い求めて帰宅するようになったからだ。
 でも、なんか違うのだ、今、私が口にしている焼き鳥は、その味も香も、あの頃、私が憧れた<焼き鳥>とは、なんか違うのだ。
 ある日その疑問を、成人に達して、たまには飲み屋にも行くようになっていた兄に率直にぶっつけてみた。
 兄曰く、「それはそうだよ。この頃、町の総菜屋で売っている焼き鳥は、本物の焼き鳥ではないからさ。本物の焼き鳥は雀の肉を焼いたもので、私が総菜屋で買ってくる焼き鳥は、鶏の肉や内臓を焼いたものだから」と。
 今になって思えば、あの時の兄のお話も、本当は真実ではないのだろう。
 雀と言えば、子供の頃に抱いた疑問の一つに、「雀の死に場所は何処だろうか?」というのがあった。
 日中は稲の穂にむれたり、電線に数珠繋ぎになって留まっていたりして、夕暮れになると、お寺の境内や鎮守の杜の老木に帰って来て、ちゅんちゅんじゅくじゅく一晩中鳴き止まず、私の町の人口の何百倍もいるはずの雀たちだが、その亡骸らしいものは絶えて見たことが無かったからだ。
 そこである日、この疑問を父に質してみた。すると父曰く、「雀たちの墓場は、奥山にある老木や朽木に空いている洞の中だ。こんなことを俺がなぜ覚えているかと言うと、俺がまだガキの頃、村の山にそれはそれは大きな橡の木があった。ところが、ある年の秋の台風で、その橡の木が真中から折れてしまい、それまで見えなかった巨大な洞が顔を出したのだ。そこで、俺たち悪ガキどもは、早速家から梯子を持って来て折れた木に登り、その洞を覗いてみた。すると、その洞の中には、雀の死体が何百何千と詰まっていて、獣の腐った匂いをあたり一面に撒き散らしていたのだ」と。
 明治半ば生まれの父は、私たち子供を喜ばせるために、よく現実にはあり得ないようなほら話をすることがあったから、今となっては、この話の真偽も判らない。でも、その頃の私にとって、年老いて餌を採ることも飛ぶことも出来なくなった雀たちが、己の亡骸を巨木の洞の中に隠して、天敵から守ろうとしたことが、とても哀れに思えてならなかったのである。

ドレス着て

   ドレス着て犬がおめかしせぬ代りをんな着膨れ冬のさいたま     省三    

 東京都の南側の隣県から北側の隣県の街に転居して間もない私は、この冬、現住地の愛犬家たちが、元の居住地の愛犬家たちとは異なって、冬になっても、ご自分の愛するお犬様たちに防寒用の衣裳を着せる様子が無いことに気づいて少し驚いた。そのことの是非は別のこととしての話である。
 昼前とは違って、少なからず風が吹き出して来たある午後、見沼代用水東縁のサイクリングロードに到る遊歩道を散歩中に、連れ立っていた家内にそのことを話したところ、常日頃は他人の悪口や辛口批評を嫌悪している家内が、その宗旨に変化を来たしたのか、「それもそうだが、その代り人間が、特に女性の厚着が目立つようだね」と仰せになられたのには、これまた吃驚。
 なるほど、なるほど。今日の散歩の途中、私達は、少なくとも十人以上の愛犬連れの女性に出会ったが、そのいずれもが、分厚いコートかジャケット風の衣装に身を固めていたし、それとは逆に、彼女らに牽かれた(或は、彼女らを牽いた)お犬様たちは、例外無しに、生まれたままのヌードスタイルであった。
 同じ東京隣県ながら北と南の違いのある、元の居住県の街の人々が、愛犬たちに防寒用の衣装を着せ始めたのはいつの頃からだろうか。今では寒さ避けというのを通り越して、それぞれ鹿鳴館の舞踏会に着て行く華麗なドレスのような衣装を着せ、これ見よがしに裸木並木の冬の歩道を闊歩しているのである。

   ドレス着て犬が舗道を闊歩する街の何処(いずこ)に吹く不況風

短歌ふぉーらむ社企画・編集「馬場あき子の世界」を読む

 奥付に「1991年・初版発行」とあるからかなりの年代物であるが、この頃、暇に任せて、「短歌ふぉーらむ社企画・編集『馬場あき子の世界』」を読んでいる。
 馬場あき子氏ファンの一人である私としては、この方面の本なら何でも読もう、といった気持ちなので、刊行年がどうのこうのとは言っていられないのである。
 この本は、『早苗』から『月華の節』に至るまでの馬場あき子氏の歌集の中から、安永蕗子氏・大島史洋氏など、百八十人余りの著名な歌人が、任意に歌を選び、それぞれ気ままなスタイルで、解説し・鑑賞しているのである。限られた字数の中で要領よくまとめ、その意を充分に述べ尽くしたとおぼしき文あり。その逆とおぼしきもあり。
 そうしたなかで浅野美恵子氏は、歌集『早苗』から、「職安の歩廊の石の冷さを知りけむ子らよ卒業前に」を選んで解説、鑑賞している。
 浅野氏の文章は、最初からたどたどしいが、第二段落は、「就職難はきびしく、職安に人は列をなして並んだ。職安とは『公共職業安定所』の略である。職業紹介事業を中心に無料で公共に奉仕するため、職業安定法に基づいて国が設置している機関である。主に労働者の失業予防、失業者の生活安定、学生生徒の職業紹介などをしている。」と、歌中の語、「職安」の解説に費やしているが、その要領の悪さは、読んでいる私が気の毒に思ったほど。
 浅野氏は、職安という役所の役割を本当に理解してこの件を書いているのだろうか、と言うよりも、いっそのこと、浅野氏には、他人の作品を解説したり、鑑賞したりする文章能力があるのだろうか、とまで言ったら、私の勇み足になるだろうか?
 それはそのくらいにして、先を急ごう。
 浅野氏の文章の圧巻は、何と言っても、「『けむ』は過去の推量の助動詞で「……ただろう」の意味である。「けま・○・けむ・けむ・けめ・○」と活用し連用形である。(以下略)」と、歌中に出て来る、過去推量の助動詞「けむ」について解説した、第四段落である。
 止せばいいのに、その意味もろくろく知らないで引用した、「けま・○・けむ・けむ・けめ・○」という活用表が先ず良くない。
 どんな資料に基づいたのか、浅野氏は、未然形の位置に「けま」を置いているが、これは、助動詞「けむ」が、「け+マ行音」の形で規則変化して行くことから、仮に、これに未然形が在ったとしたら、「けま」という形だったろう、というだけの話で、それが問題となるのは、歌作のための古典文法といったレベルからはもう少し離れた話であって、現に、高校の国語の授業で使われている文法の教科書(副読本)や古語辞典の中で、未然形に「けま」を認めているものは一冊としてない。
 連用形の位置に、その活用形が存在しないことを示す「○」を記しながら、「『けま・○・けむ・けむ・けめ・○』と活用し連用形である。」と述べるのも、また間抜けた話である。
 馬場あき子氏の歌で、この「けむ」の位置は、「~~石の冷さを知りけむ子らよ」となっていて、「子らよ」の「子ら」という「体言」の前に置かれているのだから、これは疑う余地もなく連体形である。
 第一、浅野氏があげた、「けむ」の活用表では、連用形は存在しないのではなかったのか。
 連体形と連用形の区別もつかないで、と言うよりも、自分があげた助動詞の活用表の意味も理解しないで、文語体の短歌の解説わするとは、浅野恵美子氏もなかなかの剛の者である。
 この本が出版されてから二十年余り、浅野恵美子氏の文法力も、あの頃よりは少しは進歩しただろうから、短歌ふぉーらむ社よ、そろそろこの本の改訂版を出したらどうだ。その際は、浅野氏の鑑賞文は、隅々に亘ってまで書き改めるべきであろう。 

師匠が支障を生む

 「今週の『朝日歌壇』から」を書くための選歌をしようとして、朝刊の「歌壇・俳壇」の頁を開いたとたん、私の目に飛び込んで来たのは、「師匠は支障を生む」「『短歌人』にエッセー」という、二行の見出し。
 朝日俳壇の「大串章選」の下に、俳壇と同じ巾のスペースを使って、その記事は掲載されている。
 『短歌人』に掲載された、このエッセーについては、あの黒田英雄氏が、ご自身のブログ『安輝素日記』で、その詳細にわたって紹介されたので、私も早速、ブログの記事を読んだところだ。
 黒田氏の紹介された当該エッセーの内容や、それについての黒田英雄氏ご自身の感想は、田舎結社の閉鎖性に辟易した経験を持つ私にとって、「良くぞ言ひたる」といったところだったので、私は即日、黒田氏及び当該エッセイの筆者の斎藤寛氏に宛てて、深甚なる謝意を込めてメールを寄せたところ、両氏からも早速丁重なるご返事があった。
 一結社に所属するそれほど有名とは言えない歌人(と言ったら、斎藤寛氏に対して失礼だろう)が、先輩や仲間の視線を気にしながらも、これだけは、という思いで書いたエッセーが所属結社の短歌誌に掲載された。
 筆者の斎藤氏にとっては、それだけでもラッキーと言わなければならないであろうが、それがまた、彼と同結社に所属し、「超うるさ型の歌人」という評判無きにしも非ず、あの黒田英雄氏のお眼鏡に叶い、そのブログ記事で絶賛された。そして、今日は今日で、お堅いことで有名兼アンチ巨人で有名な、あの朝日新聞が、貴重な紙面を割き、肯定的観点に立った紹介記事を掲載したのだ。
 おめでとう、斎藤寛さん。
 そして、大朝日新聞に先行して、斎藤寛さんのエッセーを紹介された、黒田英雄さんもおめでとう。
 あなた方が一等賞、大朝日は二等賞なのだ。
 ところが、私が今、「二等賞」と褒めたばかりの朝日新聞の記事が問題なのだ。

 「『短歌人』2月号に、斎藤寛さんが興味深いエッセー『師匠は支障を生む』を寄せている。上達を願う初心者が、評価の定まった特定歌人にあこがれ選を受ける=師事したいと思い、それを誇りとし喜びとするのは人情というものだろう。しかし、と斎藤さんは問いを投げるのだ。」という、第一段落の記述は、大朝日紙の記者の書いた文としては少したどたどしいが、それはまあ、よしとしよう。
 
 問題は、「〝何人かの師匠がいて〟〝その先生方は何を措いても偉い〟といった師弟関係を基軸とし、頂上に〝師匠風〟の歌人をいただく一部結社の存在に言及。前近代性をひきずった実態に触れ批判する」という第二段落だ。
 
 この記事の筆者は、なるべくエッセー中の語句を引用して、その趣旨を紹介しようと心掛けたのであろうが、せっかくの殊勝な心掛けも、肝心要の文意が通らなければ全くの無駄。
 
 私は、短歌とはまるきり無縁の者ではないから、この段は、一部の結社にはヒエラルキー的構造があり、エッセーの筆者の斎藤寛氏は、それを批判している、ということを述べようとしたのであることは解るが、それは、善意に立って、おおマケにマケて読めば、ということである。
 
 この記事の文脈を正確に辿って行っても、短歌結社のヒエラルキー的構造は頭に入ってこない。文脈に忠実になろうとすればするほど、何が何だか解らなくなる。
 
 「その先生方は何を措いても偉い」(とされているのが)「何人かの師匠」(たちであって)、(その)「何人かの師匠」(たちと、弟子たちとの)「師弟関係を基軸とし」、「頂上に〝師匠風〟の歌人をいただく一部結社の存在に(ついて斎藤寛氏は)言及。前近代性をひきずった(短歌結社の)実態に触れ批判する。」
 
 私は、当文章の前々段でも述べたように、この記事を書いた朝日新聞の記者は、その第二段落に於いて、短歌結社のヒエラルキー的構造とそれに対しての斎藤寛氏の批判的態度について述べようとした」のだと思ったので、前段落に於いては、適宜、必要語句を補充するなどして、その趣旨が明確になるように、文脈の整理を試みようとしたのであるが、その途中、自分の試みが殆んど無駄であることに気がついた。
 
 朝日記者の書いた記事には、「何人かの師匠」とあり、「頂上に〝師匠風〟の歌人をいただく」ともあるが、この「何人かの師匠」の「師匠」と、「頂上に〝師匠風〟の歌人をいただく」の「師匠風」との関係が、先ず判らない。

 例えば、私たちが常日頃よく食べている饂飩に、「手延べ饂飩」と、「手延べ風饂飩」があったとする。この場合、正真正銘の手延べ饂飩は「手述べ饂飩」で、「手延べ風饂飩」は、手延べ饂飩を真似て作った「機械延べ饂飩」ではないだろうか。高価なのは「手延べ饂飩」の方で、「手延べ風饂飩」の方は、その半値もしない、安物の饂飩ではないだろうか。
 
 それが、世間一般の常識というものである。

 それなのにどうして、その「一部結社」とやらは、「師匠風」を「師匠」の上位と思われる「頂上」に「いただく」のであろうか。

 重ね重ね言うが、「手延べ風」より「手延べ」が高価、「師匠風」より「師匠」が偉い、とするのが世間一般の常識である。
 
 斎藤寛氏が『短歌人』掲載のエッセーで、その「存在」について「言及」されたと朝日新聞の記事が説明している「一部結社」は、世間一般のそうした常識に反するような構造から成り立っているから、斎藤寛氏は、その結社を批判されたのであろうか。それとも、あの記事を書いた朝日新聞の記者は、「師匠」と「師匠風」の上下関係を逆に考えているのだろうか。

 そこら辺のことがとんと解らない。

 第三段落は、「〝明日の歌会の何番の歌は某先生の歌だから点を入れるように〟といった根回しがなされ、〝師匠風〟が設定した〝禁じ手〟ほか〝大原則〟に従わない作品ははじめから選外、など。斎藤さんの本意は暴露ではない。〝(歌の)教育〟をめぐる真摯な論だけに刺激的であり、同時に考えさせられた」となっているが、「明日の歌会の何番の歌は某先生の歌だから点を入れるように〟といった根回しがなされ」ることと、「〝師匠風〟が設定した〝禁じ手〟ほか〝大原則〟に従わない作品ははじめから選外」となることとは、両方とも、この「一部結社」の抱えている問題点、という点では同一であるが、前者と後者は、まるで別々の事柄ではないだろうか。もしそうならば、いくら限られたスペースの中での記事とは言え、このような書き方をしてはならない。
 また、朝日新聞が、大学などの入試問題に自紙掲載の記事が用いられていることを誇り、それを自紙購読の勧誘材料にしているならば、記事中の「斎藤さんの本意は暴露ではない」以下を改行し、第四段落を立てるべきだ。
 朝日新聞は、「斎藤寛氏のエッセイそのものが雑然としていた」などと言って、この問題から逃げてはいけない。
 斎藤寛氏のエッセイの内容や文体を「良し」と認めて紹介し、その結果が、このような意味不明瞭な悪文となったのは、他でもない、この記事を書いた記者本人の資質と、それをチェックする立場にあるデスクの、勤務態度の問題なのだ。
 斎藤寛氏のエッセイにいち早く注目し、必ずしも文明ならざるその文章の趣旨を読み取って、自身の管理するブログで紹介したのは黒田英雄氏である。
 彼の文章は、かなり過激なこと、遊びが多いこと、時たま、品性に欠けた語句を意識的に用いることなど、欠点は多々あるが、言わんとするところの壺は決して外さない。
 私は、黒田英雄氏とは違って、極論を言わないことを主義としているから、「朝日新聞の記者は、黒田英雄氏宅に日参し、彼から文章作法を学べ」などとは言わない。でも、勤務の余暇をみて、彼のブログ「安輝素日記」を覗くぐらいのことはしても、決して罰は当たらないであろう。
プロフィール

鳥羽省三

Author:鳥羽省三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。