スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一首を切り裂く(100:好)

(みつき)
    好きという理由ひとつで結ばれて今年も同じさくらを見てる

 「さくら」が「好きという理由ひとつで結ばれて今年も同じさくらを見てる」というわけですか。
 本作の作者<みつき>さんと相手の方とは、きっと、「花見同好会」とかいうサークルに加入されているお仲間なんでしょうね。
 と、言うのは、あまりのご夫婦仲のよさに嫉妬している鳥羽省三の悪質な冗談でした。
 「さくら」は、大阪造幣局のくぐり抜けですか。
 それとも、祇園の枝垂れ桜。
 或いは岐阜の山奥の薄墨桜。
 もしくは千鳥が淵の堀に傾れて咲く桜。
     〔答〕 かくありし時の挙句に結ばれて角館(かくのだて)にてさくら見ている  鳥羽省三
 「かくありし時」の意味を、さまざまにお考え下さい。


(ひいらぎ)
    好きなとこ嫌いなとこも思い出になれば全てはただ美しい

 それが、時間というものに必然的に備わっている、<浄化作用>というものでありましょう。
     〔答〕 嫌なこと水に流して隅田川今日も明日も海へ注げる  鳥羽省三


(斗南まこと)
    たまになら夢に見ていいその時はあなたの好きにしちゃってもいい

 斗南藩の藩主様ともなれば、「夢」にまで認可権をお持ちなんですか?
 <まこと>なんですか?
 斗南は、薩長との戦いに敗れた末にやっと辿り着いた最果ての地なのですから、せめて、夢ぐらいは自由に見させてやって下さいませ。
     〔答〕 夢は夢 誰に遠慮が要るものか 好きなお方と共に見なさい  鳥羽省三 


(蓮野 唯)
    戻りあう好意互いに受け止めて今は一児の親をする仲

 「親をする仲」という表現は、少し苦しい。
 でも、「戻りあう好意」を「互いに受け止めて」「今は一児の親」となったのは大変お目出度いことです。
 あの工藤公康投手も、元の古巣の西武ライオンズにカムバックしましたし。
    〔答〕 許し合う心ここらで発揮して鳩山兄弟政界再編  鳥羽省三


(花夢)
    ずっと好きでいるのもなにか省エネのように感じて過ごす休日

 「ずっと好きでいるのもなにか省エネのように感じて」というのは、実に素晴らしい表現です。
 かく持ち上げる私も、本作に接してみて初めてこの表現の素晴らしさに気付き、これ一つをとってみても、花夢さんは立派な表現者なのだと、今さらのように納得しました。
 そうですね。
 冒頭の「ずっと」の意味を<継続的に>と解釈すれば、その「ずっと」を止めて、<継続>を解消した途端に、止めた人間は、ものすごく膨大なエネルギーを消費することになります。
 例えば、それまで延々と続けて来た「好き」と「好き」との関係を解消して、一挙に「嫌い」と「嫌い」の関係になだれ込んだ時には、皿が飛ぶやら、襖が破れるやら、お互いの心身が傷付くやらで、それこそ目も当てられない結果となり、お互いにへとへとに疲れてしまい、その挙句に、それを通じて消費したエネルギーの補給にも、莫大なお金を要します。
 また、その反対に、それまで、人知れずに地下水の流れるが如くに続けて来た、ごく淡白な「好き」と「好き」との関係を解消して、濃厚な「好き」と「好き」との関係に入ったときも、同じように膨大なエネルギーとお金とを消費することになりましょう。
 先ず、途切れ無しに掛け合うケータイの通話料の支払い。
 そして、毎晩支払うモーテル代。
 さらには、あの「くみつほぐれつ」する時のエネルギー消費量もばかにはなりませんよ。
 みんな疲れることばかりで、みんなお金の掛ることばかりなのです。
     〔答〕 休日は遠く離れて好きのままキスもしないで居るのがステキ  鳥羽省三


(ほたる)
    問われれば蕾のひらくようにして“好き”を咲かせてしまう、そのたび

 花夢さんと違って、<ほたるさん>ぐらい純情になれば、「“好き”を咲かせてしま」っても、何も危険なことはありません。
 何しろ、未だ「蕾」のままですからね。
     〔答〕 “好き”咲かせ“機雷”は閉じておきましょう 争いごとは“嫌い”ですから  鳥羽省三


(今泉洋子)
    竈猫の話弾みて猫好きの親子の夜はしんしんと更く

 作中の「竈猫」とは、冬の夜に、飼い猫が、火を消した後もまだ温みの残っている竈の中に潜り込んで一夜を過ごす現象や、そのようにする猫を指していう言葉である。
 だが、日常生活の中でこの言葉を用いることはほとんど無く、主として、俳句の季語として用いられるのであるが、家庭での暖房様式の変化に伴って、今となってはその季語も、季語ならぬ死語となってしまった。
 そこで私は、自分自身の勉強の為にもと思って、「竈猫」を季語とした俳句を探索し、以下にそれを提示した。

       銀猫も竈猫となつて老ゆ      山口青邨
       鳴くことのありてやさしや竈猫    々
       竈猫けふ美しきリボン結う      々
       かまど猫家郷いよいよ去りがたし  鈴木渥志
       何もかも知つてをるなりかまど猫  富安風生

 俳句の季語としての「竈猫」は、読んで字の如く<かまどねこ>と読むのが通常であるが、使われる場面に応じて<かまねこ>と読んだり、<へっついねこ>と読んだりもする。
 本作の場合は、これが「竈猫の」として、一句目に用いられているから、作者としてはおそらく、「かまねこの」と読ませたいのであろう。
 
 東京に遊学している息子が暮れの休みに久しぶりに帰省した。
 この息子は、夫と同じように、すこぶる付きの猫好きである。
 そこで、猫好き同士の二人は、さっそく熱燗徳利を抱えて暖炉の側に寄って、竈猫の話に熱中し、眠ることも忘れてしまったようだ。
 冬の夜はしんしんと更けて行く。
 けれど、彼ら二人の竈猫を巡る話題は尽きようにもない。
 格別嫌いというわけでも無いが、特別な猫好きでもない作者は、久しぶりに帰って来た息子と夫を放ったまま、自分一人だけで眠りに就くわけには行かない。
 特に、今年の秋口から晩秋にかけて、作者は詠歌の取材と称して、関東・関西を股にかけて遊び回って居ただけに、余計に気が咎めるのである。
 そこで作者は、そっと書斎に入って行き、自分専用のパソコンを開いてみた。
 そして、かねてよりやたらにコメントを寄せて来る、あの歌好きの爺さんのブログを立ち上げてみた。
 すると間も無く、パソコンの画面に現れ出たのは、あの「見沼田圃の畔から」の記事。
 その記事の中程に、「今泉洋子)竈猫の話弾みて猫好きの親子の夜はしんしんと更く」とある。
 いけない、いけない。
 この悪口だらけの記事を、今見てはいけない。
 これを、今読んでしまったら、私はきっと卒倒してしまい、可愛い息子と夫に、明日の朝食べさせる、お雑煮も作れなくなってしまうから。
     〔答〕 <かまねこ>と<かまとと>の違いも知らぬから「一首を切り裂く」難渋してます  鳥羽省三 


(千坂麻緒)
    お互いに好きだったことお互いに子どもだったね 東京にいます      

 つまり作者は、「あなたがわたしを好いていた原因や、わたしがあなたを好いていた原因は、わたしたち二人が、まだ子供で、幼稚だった点に存在する」と言いたいのでしょう。
 したがって、本作は、短歌スタイルを騙っての一種の去り状、即ち、離縁状、絶縁状に他ならない。
 創作の動機が極めて不純であるが、第五句の「東京にいます」がなかなか宜しい。
     〔答〕 「東京にいます。けれども好きでない。わたしをあきらめ結婚しなさい」  鳥羽省三
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ラストの一首

にまで加えていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

鳥羽さまに私のブログへのお礼にきたところ、最終のお歌まで更新が進んでいたのですね!!
本当に何度も取り上げてくださり、くすぐったいくらい持ち上げてくださってお礼の言いようがないくらいです。
鳥羽さまにいろいろとご指導していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
素人の私の蕾が鳥羽さまのご指導のもと、いつかきっと綺麗に開くときが来ればいいなぁと願っています。

長い間、お疲れ様でした!
そして、本当にありがとうございました!!

ゴールおめでとうございます

鳥羽省三様

 鑑賞ゴールされたようで、おめでとうございます。永い間お疲れさまでした。最後の最後まで採りあげていただき、愉しい評をいただき感謝申しあげます。。宮沢賢治の「猫の事務所」にでてきますが、竈猫の俳句があるとか、季語とか「かまどねこ」「へっついねこ」とかは初めて聞きました。竈猫の俳句もお教えいただきありがとうございました。長い間ご指導ありがとうございました。

☆寸寸に切り裂かれても快感と言へなかつたわれはかまとと

ありがとうございます。

 そして、鑑賞完走おめでとうございます。
 鳥羽さんの鑑賞文は毎回とても面白く楽しく拝読させていただいていました。
 また、私の歌を楽しんでいただけて光栄です。
 今年も題詠には参加しますので、またよろしくお願いいたします。

 期間中、更新が止まったときは心配でしたが、お元気になられたようで嬉しいです。
 お体、お大事になさって下さいませね。

 楽しい鑑賞、本当にありがとうございました。

No title

おはようございます。
長きにわたってのご鑑賞、お疲れ様でした。
取るに足らない拙作を何首も取り上げていただいて、
ありがとうございます。
2010も期待しています。

ありがとうございました

鳥羽 省三 様

私の拙歌をなんども取り上げてくださり、
また身に余るコメントを頂きましてありがとうございます。

鳥羽様の更新の速さ、ならびにコメントの鋭さにただただ驚いております。
一年間、大変勉強になりました。

更新が途絶えた時は心配しましたが、お元気になられて本当によかったです。
これからもどうぞお元気でご活躍されますよう、陰ながらお祈り致します。

ありがとうございました。

ありがとうございます

最後のお題にも選んでいただきありがとうございます。
とても嬉しく拝読いたしました。

この歌に詠んださくらは挙げていただいたような見事な場所のものではなく、片田舎の山桜です(笑)。
今年も春になれば嫉妬されるほど仲良く夫婦で花見に出かけようと思います。

100首切り、おつかれさまでした。
何度となく取り上げていただき、とても嬉しく、また至らぬ歌にはご指導くださり深く感謝しております。
その節は本当にありがとうございました。

寒い日が続きますが、どうぞお体を大事になさってくださいね。

ありがとうございました。

ゴールお疲れさまでした。
何といっても復帰されてからのハイペースな、そして丁寧な解釈に脱帽です。

なんちゃって短歌かなと自問自答しながら走りぬけた初めての題詠BLOG では鳥羽様のご指摘はさくさくと、私のハートに迫ってまいりました。
取り上げていただくたびに、詠みっぱなしになっていた歌を読み返したり、他の方との題材のかぶりが無いかを確認することに(最低限の確認ですね。)注意するようになりました。ご指導ありがとうございました。

寒さが厳しくなってまいりました。どうかお体ご自愛くださいませ。では。

こちらにもコメントを

連続投稿失礼します。
濃厚な鑑賞百首、お疲れ様でした。
たいへん楽しませていただきました。

純情が遠いこの私を、最後の最後まで、目にかけてくださったこと、とても嬉しく思います。
こうして短歌を通して交流させていただけたのも、また貴重で得がたい経験となりました。
感謝しています。

鳥羽さん!ありがとう!!ありがとうございます!!
鳥羽さんのこと、好きですよ♪

明日には紙屑になる宝くじのような薄っぺらさで好きよ 花夢
(題詠2008 043:宝くじ) (^ー^;)

寒い日が続きますが、
どうぞお体にお大事にお過ごしくださいませ。
ありがとうございました。

お疲れ様でした

とタイトルに書きましたが、もしかしたら“疲れ”より“楽しさ”を感じることの方が
多かったのではないでしょうか?
短歌初心者の私の歌を何度も取り上げていただき、
とてもうれしかったです。
ありがとうございました!

No title

歌をとりあげてくださって、丁寧に読んでいただきありがとうございます。
鳥羽さんの解釈、視点を面白く読ませていただきました。
ありがとうございます。これからもがんばります。

おめでとうございます

省三様。
おめでとうございます。
え?遅い。申し訳ございません。

しかし、「袖触れ合うも他生の縁」とは良く言ったもので
短歌に戻り、題ブロに出走し、辛口の貴方に出会えたのは
得難い財産であると思っていますよ。本当に。

実際、ガラガラポンで作っていたのを最近は丁寧に詠むように
なりました。(傍目ではどう見えようと)

まだ、自分自身のブログの鑑賞が終わっていませんので、題ブロ
に参加表明をしていませんが、終わり次第に今回も参加いたしま
すので、よろしくお願いいたします。

少なくとも犬短歌ぐらいには進化していますので(ヲイ!)

青空を斜めに切れば見覚えは無いけどあれは知っている人 久哲
プロフィール

鳥羽省三

Author:鳥羽省三
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。